Knowledge Base #5448 - Cache-Controlヘッダでのs-maxageの使用について

Document created by B-M-1OAQKEV Employee on Aug 9, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

質問

オリジンサーバは s-maxage の Cache-Control ヘッダを送信していますが、Akamai サーバではオブジェクトがキャッシュされていません。Akamai は Cache-Control ヘッダ内の s-maxageに対応していますか?

 

 

回答

下記は s-maxage を含むオリジンレスポンスヘッダの一例です:

 

Cache-Control: max-age=900, s-maxage=60

 

s-maxageは、オブジェクトをキャッシュする時間をプロキシに伝えるためのCache-Controlヘッダの値です。Akamaiはプロキシではなく、オリジンの代替として動作するため、s-maxageに対応していません。

 

s-maxageを使用しますとAkamaiはヘッダ値を無視する動作をとり、オブジェクトのキャッシュを行いません。オブジェクトをキャッシュするには、オリジンのCache-Controlヘッダからs-maxageを削除する必要があります。

 

 

英語版 Knowledge Base

https://control.akamai.com/search/kb/5448

 

 

(注)本日本語版とオリジナルの英語版であるKnowledge Baseとの間に齟齬がある場合には、英語版であるKnowledge Baseが本日本語版に優先するものとします。また、Knowledge Baseの記事内の情報は、通知なく変更される場合があります。お客様は、当該コンテンツの使用 が、お客様の裁量とリスクに基づくものであり、かつ、お客様がお客様によるその使用に起因する如何なる損害についても単独で責任を負うこと、を理解しこれに同意するものとしま す。 当該情報は、お客様によるアカマイサービスの使用に適用される取引条件の秘密保持条項の対象となります。

Attachments

    Outcomes