MP-1304 State of Online Retail Performance Spring.pdf

File uploaded by Koichi Nagata Employee on Apr 20, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

2017年4月のEC中心とした、ページロード時間のコンバージョン率/直帰率への影響を整理したレポートです。

具体的な数字が、PC/モバイル/タブレットに対し、非常にグラフィカルに整理されており、有益です。

 

以下、掲載データの事例と、簡易的な要点を抜粋します。※日本語訳は永田の暫定翻訳です

 

■掲載データ事例
PC/モバイル/タブレットの各デバイスにおける各種統計値
• 購入者と非購入者のページロード時間の比較
• コンバージョン率/直帰率の平均値、中央値、最大値
• 最高のコンバージョン率/直帰率の場合の最適なページロード時間
• ページロード時間の遅延がコンバージョン率/直帰率に影響する割合

 

■要点
○永田の暫定翻訳
• モバイルでは5分の1しかトランザクションが完了しない。
• 最もコンバージョン率の高い最適なロード時間は、デバイスによって、1.8秒から2.7秒。
• たった100ミリ秒の遅延が、コンバージョン率を7%も毀損する。
• 直帰率はモバイルユーザで最も高く、タブレットユーザで最も低い。
• 直帰率を低減する最適なロード時間は、デバイスによって、700 ミリ秒 から1.2秒であった。
• ロード時間が2秒遅れた場合、直帰率を103%も毀損する。
• 最も低い直帰率のページは、レンダリング開始時間が0.9秒から1.5秒の間であった。
• 2秒の遅延は滞在時間を51%以上毀損する。

 

○原文 KEY INSIGHTS
• While almost half of all consumers browse via their phones, only 1 in 5 complete transactions on mobile
• Optimal load times for peak conversions ranged from 1.8 to 2.7 seconds across device types
• Just a 100-millisecond delay in load time hurt conversion rates by up to 7%
• Bounce rates were highest among mobile shoppers and lowest among those using tablets
• Optimal load times for lowest bounce rates ranged from 700ms to 1.2s across all device types
• A two-second delay in load time hurt bounce rates by up to 103%
• Pages with the lowest bounce rates had start render times ranging from 0.9 to 1.5 seconds
• A two-second delay correlated with up to a 51% decrease in session length

Outcomes